2016年8月26日金曜日

将棋界の貴族④

どうもこんばんちは

前回、地獄の三段リーグのが待ち受けているというとこまで書いた。

さて、何が地獄かというと、将棋のプロになれる人間が半年にわずか2人しかなれないという点に、

尽きる。

人数は20~30人で構成され、18回試合し、一番成績が良い人間がプロになる。

例年のボーダーは13~15勝。

前回も書いたが、このリーグに入れるだけで、十分すごいのである。

そのすごい人間達がお互いを潰し合う、自分の人生を賭けて。

一説によると、試合が行われている部屋はピリピリしすぎて部外者を受け付けない異様な空気

らしい。

なぜなら、年齢制限というデッドラインが刻々と迫っくるから。

例えるなら、年を取るにつれ酸素濃度が薄くなり呼吸が苦しくなっていく様なもの。

年齢制限は26歳。

26近くまで来ると、震えて自分の力が出せなくなる。

まあ、当然の事なんだが、仕方ない。

呼吸が苦しくなり追い詰められるから。

年齢制限を向かえると、強制引退となり突如社会に放り出されるのである。

残ったのは将棋の実力のみ、

ここまで頑張ったのに、この仕打ちあまりにキツイ。

お金もなくこれから先、大変である。

とここまで書いて気付いたが、今日は金曜日だった早く帰らねば、次回に続く。










2016年8月24日水曜日

狭いところが好き

うちで飼っている猫の話です。

猫は狭いところを好むといいますが

うちの子も例外ではありません。


なぜ猫は狭いところを好むのか。

それは猫が人に飼われず野生で生活していた時代に、
獲物を他の誰かにとられないために狭く暗い所に運んで食べていたのが
今でも習性として残っているなど、諸説あるようです。


うちの子の場合は

お菓子がはいっていた箱にぴったり収まっています。

はじめはジャストサイズでしたが

最近は運動不足なのか

前より少し大きくなったので

箱からすこしはみ出ている気がするのですが

本人は気にせず。

私から見ればすごく窮屈そうなのですが

本人はその箱がとてもお気に入りのご様子なので

そのお菓子の箱は当分捨てられそうにありません。


2016年8月22日月曜日

炊き立てご飯

炊き立てのご飯て美味しいですよね。
もちろん、レトルトのレンジでチンするご飯も、冷凍のご飯も美味しいんですが、
やっぱり炊き立てのご飯が一番好きです。
それこそ、ふりかけや漬物だけでも食べられるくらい。
ご飯に合うおかずって、たくさんありすぎて、言い切れませんが、
最近は、実家から送ってもらった、けいちゃんがお気に入りです。

食事はコンビニや外食で済ませていたことが多かったんですが、
なんだか最近は、作ることに対してあまりめんどくさいって思わなくなってきました。
食事って一番大事。
この思いが長く続いてくれたらなって思います。

2016年8月19日金曜日

お盆

どうにか無事にお盆終わりました。

我が家では、11日に盆棚経をあげてもらうため、お盆の準備、盆提灯をだして、野菜のお馬さんとお牛さんをつくり、野菜と果物をお供えします。馬は行き用、牛は帰り用。早くきてゆっくり帰りなさいね。ですって。

12日は墓経をあげてもらいます。13日にお迎えをしてから15日に送るまで、朝昼晩おやつの接待。
おかげで冷蔵庫パンパンになりました。

15日はお供物をくるんでお寺に炊き上げに行きます。そして18日にお寺で施餓鬼法要、塔婆をもらってきて、終了。

と思ったら、おっさまいわく、お盆は7日から24日の地蔵盆までだそうです。
長すぎです。

明日からは県外のお墓参り巡りです。運転ひとりなので少々こたえますが、待ってるだろうから頑張って行かなきゃです。

2016年8月17日水曜日

苦手

エムです。

とうとうその日がきてしまいました。
そう、キャンプの日。
ぜんぜん知らなかったのですが、参加者は8家族と大人数でした。

キャンプ場に着くと、まずテント張り。
練習を1回したもののそんなに簡単に立てられる訳もなく、周りの人たちにたくさん助けてもらいました。

その後、川に行って食事の準備。
もちろん他のお母さんたちの中に入れない。
仕方ないので他のことでお手伝いしました。
とってきた魚を食べたけど、バーベキューはほとんど食べず。
買ってきたおにぎりと枝豆をひたすら食べていました。
でも隣に座った家族のお母さんがとってもいい人だったので、なんとか輪に入ることができました。

汗だくなのに風呂に入れずそのまま就寝。
朝、さすがに気持ち悪いので、シャワールームにいきました。

テントを片付けて帰宅。
旦那が切れながらテントを干したり、イスを拭いたり、片付けをしていました。
キャンプやバーベキューってこの片付けが一番大変。
行きたいなら自分で片付けてねとたくさん念押ししたので頑張って自分で片付けていました。

ほんとにアウトドアって苦手なのです・・・。

2016年8月15日月曜日

せっかち

先日久しぶりに両親、姉、下のおいっ子総勢5名で食事へ行きました。

姉とは当たり前ですが同じ親から産まれているし、
20数年間一緒に暮らしていたのにも関わらず、全く性格が違います。
声はそっくり、しかし姉はとても美人でここも全く違うトコロ。

食事へ行った際も、せっかちな両親・私の3人と、
姉とおいっ子の流れる時間が全く違うんです。

父はあまり体調が良くないはずなのに、
本来の超せっかちな性格からか、
あっという間に食事を終え、半分腰を浮かして帰り支度。
そんな父を心配し、同じく帰り支度の次女(←私)。
お勘定は私が払う!と張り切って伝票を握りしめる母。

そんな中、おいっ子はサラダバーおかわり中。
姉は箸を置き、もう残すのかな?と誰もが思っていた中、
まさかの食事再開。
しかもその後デザートを食べる、と言ってこれまたサラダバーへ。
あっけにとられる我が一家。

いや、食事はゆっくり会話をしながら楽しむものだと
わかっているのですが、
常に何かに追われるように口へ詰め込む方式で育った私は、
落ち着いて食事をするという経験が恐らくほとんどありません。

なのに、とても優雅に食する姉。
美人だから?スリムだから?嫁に行ってからの年月の方が長いから?
姉の旦那さんのお家はゆったりと時間が流れる方式なので、
すっかり旧式(←我が一家)のやり方はかなぐり捨てていたのでした。

羨ましい・・・。
私は常に何かをしていないと気が済まないし、
ぼーっとするなんてことは一秒たりともありません、多分。
上手にぼーっとする方法をどなたかお教え下さい。

(O)

2016年8月10日水曜日

オリンピックで勝つということ

オリンピックも中盤にさしかかり、
日本の金メダルもこれまでになく
多くの選手が獲得しているようですね。

4年後の東京オリンピックを目標に
個々の選手の意識や強化体制の整備が
進んでいるからでしょうか。

この調子で選手強化が進めば、
本当に4年後が楽しみです。

ところで競技を見ていて感じることですが
(あまりLIVEでは見てないですが)
勝者と敗者の差は何かということ・・・。

優勝候補者が順当に勝つこともあれば
負けることもあります。
それは勝負だから当然のことです。

でも、体操の内村 航平や水泳のフェルプスのように
ギリギリのところでも金メダルをつかみとる。

もちろん、そのためには相当な練習をしてきているとは
思います。
でも他の選手もみな同じように努力しているつもり・・・。
やはり、そこには何か違うものがあるのか・・・。

最後まであきらめない執念?
王者としてのプライド?

そして勝つべくして勝つ!

謎は深まります。

(A)