2016年12月5日月曜日

再会

週末、関東の友人が名古屋に来ていたので、10年ぶりくらいに
会いました。

待ち合わせ場所を、名駅の金の時計にしたのですが、週末ということもあり、待ち合わせ場所は人でいっぱい。
そんな中でも、ドラマのように一筋の光がさすような感じで、お互いに気づき、駆けつけ思わずハグ。

ずいぶん会ってなく、月日も流れたけれど、気持ちは学生気分で、食事をしながら、昔話から最近の話まで、話は尽きることがなかったです。

いつも会えなくても、お互い分かりあえる友がいてくれること、すごく幸せだなぁと思いました。

彼女とは、昔から切磋琢磨しあえる仲で、こうして社会人になっても、彼女から刺激を受けることは多く、とても輝いていて、一人の女性として尊敬しています。
私も刺激を与えれる人でありたいと思うけれど、果たして・・・。

久しぶりの友人にあり、とても刺激をもらったので、これからの繁忙期、頑張っていきたいです。

一人暮らし

 一人暮らしを遂にはじめることになりました。
今まで親に頼りきりの自分でしたが、自立する為に一歩前進しました。
やることは山ほどあると思いますが、一つ一つ処理してがんばっていきたいと思います。
さあ、これからどうなることやら・・・


2016年11月30日水曜日

床屋さん

先日、家の近くの床屋さんに行ってきました。
今まではずっと美容院だったので、床屋さんに行くのは、おそらく中学、高校?以来。
最初は少しとまどいがありましたが、行ってみると、かなり良かったです。

東京の方では、オシャレ床屋みたいなのが流行っているそうですが、そこまでではないにしろ、
いわゆる床屋さんのイメージとはだいぶ違っていました。

席もひとつで、他にお客さんがいない。
40代くらいの理容師さんがひとりでやっていて、落ち着いた雰囲気。
話も、あそこの土地には何ができるとか、地元の情報が聞けたのが良かったです。

あとは、美容院と違うのは、顔そりがあること。
髭以外の部分を剃ることは、ほとんどしないので、気持ちよかったです。
当分はその店にはまりそうです。

2016年11月28日月曜日

憧れ

私は中学生の時から視力が悪く、
その時からずっとコンタクトレンズを使用しています。
乱視があったので、装着したのはハードコンタクト。
それ以来ずーっとハードオンリー。
風が強い日も乾燥している日もずっとハードの毎日。
どんな痛みにも耐えられる強い眼になっています。

ただ最近は使い捨てコンタクトが主流。
主流というかハードコンタクトの人なんてあまり聞かない。
最初は使い捨てレンズの取り外し方
(目に指を入れる感じ?)が恐ろしく、
私はこの先もハードで行こう、と思っていたのですが、
周りの人の使い捨てレンズ率に脅威を感じ、
荒波が押し寄せるように使い捨てへの憧れが。

先日使用しているハードコンタクトがあまりに曇るので、
新しいレンズを作りに行ったのですが、
受付で鼻息も荒く発した言葉は「使い捨てでっ」。

ただ眼科ではそんな私を諭すように、
ハードの方が目にいいので
ぜひハードを続けて下さい、との悲しい通達が。

その後も粘ってみたのですが、
気づいた時には両目にいつもの感触、THEハード。
憧れの使い捨てに別れを告げました。

安い買い物ではなかったので、大事にします・・・。

(O)




2016年11月25日金曜日

お千代保稲荷

先日、はじめてお千代保稲荷に行きました。
今さらなんですが・・・。

お客様のところで熊手を拝見することもありましたし、
お話の中で参拝されていたことも伺ってはいましたが、
なかなか縁がなかったんですね。

車で岐阜羽島ICを降りて数10分、
田園地帯を走り抜けると突然に現れる集落。
その中に目的地はあります。
周辺に広がる駐車場に誘う人に勧められるままに車をおくと
そのまま参道へ。
周辺の風景とは一変して、狭い参道には人だかり。
かなりビックリしました。
にぎやかなところだとは聞いてはいましたが・・・。
特にお祭りがあったわけでもないのに。

参拝にもルールがあり、神社の入口にあるお店で、
油揚げとローソクを購入し、参拝。
見よう見まねで、周りの人についていくだけで
精一杯でした。

こんな近くにこんなところがあったなんて、
ちょっとしたカルチャーショックでした。

いろいろと知っているつもりでも、
まだまだ知らないところが他にも
ありそうですね。

(A)



2016年11月21日月曜日

おばさん

エムです。

先週の土曜日は、子供が出校日だったので、久しぶりに友人とランチに行ってきました。

友人は元同僚で、勤続年数20年以上。
私は退職してすでに10年以上経っているので、当時よく遊んでいた同僚たちは、エラそうな役職になっているようでした。

私がいた当時の部長課長はすでに全員定年退職。
当時、係長主任クラスだった人たちは、あと1~2年で定年とのこと。
それだけ自分が歳をとったということですよね・・・。

ああ、おばさん二人が、こじゃれたパスタ屋さんで、長居をしている絵図は、若いころの私たちにとっては地獄絵。
そんな話をしはじめたら、なんだかその店にいられなくなって、店を出ました。

気持ちはいつも若いつもりでも、若い子からみるとただのおばさんなので、次に友人と会う時は、店のチョイスに気を付けようと思います。

2016年11月19日土曜日

抹茶好き

先週、友達と市民茶会に行って来ました。

お茶会と聞くと敷居が高い感じですが、市民茶会なので茶道を習っていなくても気軽に楽しめます。

昔、抹茶好きが高じて、茶道を習っていたこともありました。
動機が抹茶とお菓子だったので、習い初めは、気持ちがそちらばかりにいき、足が痺れてばかりでした。

抹茶が大好きでも、抹茶を立て頂くまでの一連のお点前を覚えるのは、最初は大変でした。

その一連の流れは、一つ間違えると次の動作に進めなく、一つ一つの動作は次に繋がる流れの動作なので無駄がなく、とても綺麗です。

抹茶と和菓子が食べたくて始めたものの、いつしかその時間は、日常の中でも唯一『無』になれる時でした。

一緒に行った友達は茶道経験はなかったですが、作法に縛られず、二人とも抹茶二服、点心を堪能しました。
こうした非日常的な体験もいいものです。

やっぱり抹茶と和菓子、美味しかったです。